カードローンでお金を借りる※カードローン審査ガイド
※こちらのサイトは2015年8月15日時点の情報です。
店舗窓口・ATM情報は随時変更されるため、必ず公式サイトをご確認ください。

借りれるかどうかわかります!

借りれるかどうか悩んでいるなら、借入れ診断してみよう!
少ない項目の入力で借りれるかどうかわかります。急いでチェック。


リスト SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

はじめてなら30日間まるごと利息ゼロが魅力。
しかもWEB契約なら来店不要でキャッシングできます!

リスト プロミスの詳細ページへGO!


リスト アコム

最短30分で審査の回答があります!
急いでいるときに借りれるかどうかすぐに分かるのはありがたい。

リスト アコムの詳細ページへGO!


リスト 新生銀行カードローン レイク

同じ即日融資でも返済方法はマチマチ。
2つの無利息サービスから選べるので安心です。

リスト レイクの詳細ページへGO!


自動契約機なら土日祝でもキャッシングできる


大手消費者金融の多くで自動契約機からキャッシングのお申し込みが出来ます。

自動契約機とは画面の案内に沿ってお申し込みからカード発行まで進むことが出来る機械のことです。 中は無人ではありますが電話が自動契約機にセットされており、オペレーターと繋がっています。 途中で分からなくなってもこの電話でオペレーターに聞くことが出来ます。

自動契約機ではお申し込みからカード発行まで最短で40分ほどで終わりますので長時間中で待たずに済みます。 発行されたカードを受け取りしましたら、ATMコーナーからその場でキャッシングができます。 ATMコーナーの無い自動契約機の場合はコンビニなどの提携ATMがご利用できます。

消費者金融や自動契約機にもよりますが営業時間は平日と土日祝で9時から21時までとなっています。 店頭窓口は平日18時まで、土日祝はお休みの消費者金融が多いですが、自動契約機なら幅広い時間帯と曜日でお申し込みが出来ます。

消費者金融では勤務先への在籍確認を行っていますが、土日祝で勤務先がお休みで電話が繋がらない場合は月曜日に回してくれることがあります。 消費者金融によっては収入証明書類を提出すれば良いと言った対応も取ってくれます。 土日祝で急ぎでキャッシングしたいと言うときにも自動契約機は便利です。

クリック 今から近くの無人機で申込みしますか?
【プロミス】なら24時間申込み可能です!
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
リスト


キャッシングの申し込み


キャッシングの申し込みをする際は、まず自分がその金融会社からお金を借りられる状態であるかどうかを確認しましょう。

最近では、申し込みは直接会社に出向く以外にも、インターネットを利用して行うものも増えています。インターネットでキャッシングの申し込みを行う場合、キャッシング会社に直接契約しに行くよりも、契約までの流れが遥かにスムーズになるため利便性が高い事が特徴です。今回は、そのインターネットを利用してのキャッシングの申し込み審査方法を説明します。

まず、キャッシング会社のホームページにアクセスして診断画面に移りましょう。すると必要事項の入力欄があるので、氏名、年齢、住所、連作先などを入力してください。その入力事項の中に、「借入している金額」という項目があります。これは、今現在、他社から借入している金額の合計から、返済能力の有無を会社のコンピューターシステムで診断してくれます。

ただし、あくまでこれは目安なため、ここで悪い結果が出てしまった場合でも、実際の契約時の審査に落ちるとは限りませんので、覚えておく必要があります。後は、必要事項に記入漏れが無いかをチェックしたら申し込み画面に進み、メールで審査の申し込みをします。審査の結果は数日(最近は数分から数十分のところも多いです)でメールで送られてきますので、審査が通過した場合は銀行口座への振り込みを待つだけ、という形になります。

このように、インターネットを利用してのキャッシングの申し込みは迅速に借入を出来るという時点で魅力だといえるでしょう。

カードローンの返済について


カードローンやキャッシングを利用して融資を受けた場合は、元本に利息を加えて返済することが必要です。各社、約定返済額や約定返済日が設定されていますので、毎月きちんと返済し続けることが必要です。

基本的にカードローンやキャッシングの約定返済額は、低く抑えられています。約定返済額は借入残高によって異なりますが、毎月1万円程度の返済で済ますことも可能です。しかし毎月の返済額が少ないということは、完済までの期間が長くなりますので、その分利息負担が膨らんでしまいます。利息は借入残高に対して発生しますので、返済開始当初は返済額に占める利息の割合が大きいです。その為、意外に元本の減りが遅いと感じることがあります。ですので、毎月の返済額が少ないことは一概にメリットばかりとは言えません。

返済負担を軽減させる為に必要なことは、出来る限り返済を前倒しで行うことです。各社とも約定返済に加えて随時返済を併用することが出来ますので、資金に余裕の有る時にはどんどん返済することが大切です。そうすることによって、最終的な利息を含めた総支払額を抑えることが出来ます。

返済方法には、自動引き落しや振り込み、ATMを利用する方法などがあります。毎月忘れずに返済を行うには自動引き落しが便利です。手数料もかかりませんので、お得です。なお銀行系カードローンを利用する場合は、基本的にその銀行の普通預金口座からの自動引き落しとなりますので、カードローンを利用する場合は口座開設も必要となります。

アルバイトや派遣社員でもキャッシングは利用できるの?


急なお金が必要な時、キャッシングはとても便利なものですよね。 しかし正社員と異なりアルバイトや派遣社員ですと雇用が安定していない感じがしてキャッシングの利用ができないのではないか、と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん正社員にしろアルバイトや派遣社員にしろ審査はあります。 審査で大切なポイントとして「収入」「信用」が大切になってきます。 まず「収入」に関しては大きな収入でなく、安定した収入があることが大切になってきます。 去年の年収が100万円だったのに今年は20万円しかない場合よりも去年今年と安定して25万円稼いでいるほうが安定した収入という面では信用があります。またアルバイトや派遣社員でも半年や一年など、長期間働くことが大切となってきます。

そして「信用」の面ですがこちらはクレジットカードの使用料金の滞納などがあると借りづらくなってしまいますので、こちらは日頃からお金の支払い面に気をつけていれば大丈夫だと思います。 昨今ではアルバイトや派遣社員でもキャッシングを比較的利用しやすくなっていますので決して借りづらいという事はありません。安定した収入と日頃から滞納などに気をつけていればいざという時キャッシングは強い味方になってくれます。

キャッシングの返済をするときの注意点


銀行口座から勝手に引き落としになるような返済方法をとっていると、こちらから返済の作業が必要ありませんから楽ということは言えます。でも、口座引き落としにしていると1つだけ問題があります。それは自分が現在利用できる限度額が回復するのが遅いということです。

利用限度額内であれば借り入れができるということになっていますが、その限度額は借りればその分だけ減り、借りた金額を返済していくごとに回復していく。つまり、借り入れ可能な金額の最大値に向かって戻っていくのですが、それが口座引き落としのやり方で返済をしていると、その戻っていくまでの時間が非常にかかってしまうのです。

急いでいない人にとってはあまり関係ない話ではあるものの、急いでいる人にとってはこれが結構問題になる可能性もあります。口座引き落としの場合、口座から引き落とされたという情報が、借りているキャッシング会社に届くまで時間がかかってしまうのが原因なのです。

その間隔というのが、数日から1週間程度あるので、その期間内は利用可能な限度額が回復しない可能性もあり、本来ならば借りられるはずの金額が借りられないという事態が起きるのです。口座引き落としによる返済は勝手にやってくれる分楽ではあるのですが、こういう欠点もあるので、是非知っておいてください。

主婦やフリーターでもキャッシングは可能か


安定的に自分で収入を得ていない人、代表的なのが専業主婦やフリーターですが、そうした方はキャッシングを利用できるか不安に思うことが多いでしょう。キャッシングをするにあたっては返済していくための原資として安定的な収入があるかどうかが、一つの審査内容に入ってきます。

これが申し込む際のネックになってしまってなかなか審査申し込みに踏み出せないことも考えられます。しかし、実際のところ主婦やフリーターでもお金をキャッシングすることは不可能ではないのです。もちろん大企業の正社員のような審査の通りやすさや限度額の多さは望めませんが、一時の急用を凌ぐ程度であれば十分に実用に足る金額を借り入れることができます。

キャッシングの審査において重視されるのは言うまでもなく返済能力の有無です。しかしそれはどこの企業に本人が勤めているか、ではなく例えば配偶者の年収やアルバイト先であっても勤続年数や実際にもらっている金額が、判断材料には入ってくるのです。

自分の収入以外に安定的に家族が収入を得れるのであれば家族として十分に返済能力があると見なしてもらえますし、勤続年数が長ければ非正規の職種でもそれだけ信用力があると見なしてもらえるのです。

ただ申し込む際に、やはり全面的に主婦やフリーターでも歓迎と表記しているところの方が安心ですね。例えば銀行カードローンなどだと審査はその分厳しくなりますが金利は安くなっています。審査で拒否されると経歴に傷もつくので慎重にやりましょう。

キャッシングの本人確認と在籍確認


大手消費者金融にキャッシングの借り入れ申請をすると、主に信用情報への照会と本人確認とを含む審査が行なわれます。本人確認は、提出した免許証や保険証の写しを元に行なわれます。免許証や保険証の写しは、郵送でも送ることができますが、最近はスマホで撮影した本人確認書類の写真を各金融業者専門のアプリを使用して送ることもできます。

審査もかなりスピーディになっており、即日でキャッシングできる場合もあります。また、これらの本人確認書類に基づいた本人確認だけではなく、最終的には職場への電話による在籍確認が行なわれます。この職場への電話というのは、借りる側からすれば冷や汗ものであると思います。金融業者が職場へ電話してくると、自分が借金をしようとしていることが会社にばれてしまうのではないか、という不安に襲われます。

しかし、大手消費者金融は、職場へ電話して在籍確認を取りますが、そこで自分の会社名を名乗ったりはしません。必ず個人名で電話をかけてきます。また、いきなり職場に電話をかけてくるのではなく、契約者の携帯電話に電話をかけてきて、在籍確認の電話をする旨を予告してくれます。消費者金融といえば悪いイメージが付きまといそうですが、大手は大抵が都市銀行と提携していたりするので、対応も非常に丁寧です。

また、在籍確認時に職場にいなくとも、在籍している事実さえ分かれば良いので、たまたまその確認の時間帯に不在であっても確認が取れる場合もあります。電話による本人確認や在籍確認で会社にバレることはありません。